ソワン毛穴ケア美容液の全成分は?

MENU

ソワン毛穴美容液の全成分は?アーティチョーク葉って?

美容液や化粧品で気になるのはやはりどんな成分が含まれているかです。

 

お肌や毛穴のケアをするものですから、逆効果な成分が含まれていては意味ないですよね。

 

ソワンにはどんな成分が含まれているのでしょうか。
配合成分にアレルギーなどないか確認してみて下さいね。

 

ソワンの全成分

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、グリコシルトレハロース、PEG-60水添ヒマシ油、
加水分解水添デンプン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、クレアチン、グリチルリチン酸2k、
プラセンタエキス、エチルヘキサン酸セチル、アーチチョーク葉エキス、クレマティス葉エキス、
セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ヒバマタエキス、
グルコノバクター/ハチミツ発酵液、3-O-エチルアスコルビン酸、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

 

少しだけ気になる成分は、水酸化K、フェノキシエタノールでしょうか。
水酸化Kとは水酸化カリウムのことです。
これは、お肌をなめらかにするために配合されているみたいですね。

 

フェノキシエタノールは防腐剤の役割を持っています。
防腐剤と聞くとマイナスイメージがあるかもしれません。
ですが、これを入れておかないと美容液自体が腐敗してしまい、それを塗れば余計に肌トラブルを招く可能性が高まります。

 

水酸化カリウムもフェノキシエタノールもお肌に刺激を与える成分ではありますが、一般的な配合量なら問題なく神経質になることもないと思います。(成分表は配合量の多い順に記載するよう義務付けられています。つまり、水酸化Kとフェノキシエタノールは一番配合量が少ないということになります)

 

ただ個人差もありますから、万が一お肌に悪影響があるようでしたら使用を中止しお医者様にご相談ください。

 

ちなみにフェノキエタノールという名前からエタノール、一般的にいわれるアルコール(エチルアルコール)を連想してしまいそうですが、全然違う性質のものですから、その点は安心していいと思います。

 

ソワンの有効成分は?

○アーティチョーク葉エキス
最近、大注目のアーティチョーク葉エキス。
毛穴ケアの化粧品、美容液でもよく見かけることが多くなってきました。
ソワンでも目玉の一つになっています。

 

毛穴トラブルの要因に影響しているといわれる物質に直接サポート。
肌の正常化ケアをするのがアーティチョーク葉エキスに含まれるシナロピクリンという成分です。

 

毛穴の開きや黒ずみを根本からケアしてくれる成分といえます。

 

○ビタミンC誘導体
こちらも最近では、よく目にする人気の成分ですね。
ビタミンCよりも浸透力が高く、刺激も少ないといった特徴があります。
ソワンで使われているビタミンC誘導体は3-O-エチルアスコルビン酸という水溶性のもの。
ビタミンC誘導体の中でも即効性が高いとされている成分です。

 

○プラセンタエキス
メラニン色素の抑制効果や肌のターンオーバーを促進させる作用があるといわれています。
それにより、古い角質や皮膚の奥の黒ずみを排出しお肌を整った状態へと導きます。

 

○発酵ローズハチミツ
今ある角栓や毛穴に詰まった汚れを天然のマイルドピーリング作用で洗浄してくれる。
ビタミンC誘導体よりも浸透力があるという優れもの。
刺激の強いピーリングで余計に毛穴トラブルを悪化させてしまわないように配合された成分です。

 

 

○その他の成分
クレマティス葉エキス
セイヨウナツユキソウ花エキス
スギナエキス
セイヨウキズタ葉/茎エキス
ヒバマタエキス

 

それぞれ毛穴を引き締める収れん作用の役割で配合されている成分です。
どれも天然由来の成分を使用しているあたり、お肌に優しいものを、というこだわりが感じられます。

 

もちろん、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラペン不使用。

 

敏感肌の方でソワンで逆にお肌が荒れないか、という心配をされている方。
公式サイトでは同じように大丈夫?と心配しながら使用された方の口コミも沢山ありますから参考にしてみてください。

 

「毛穴の悩み」専用の美容液ソワン

イチゴ鼻、毛穴の黒ずみ、たるみなど毛穴トラブルのために専用美容液ソワン。

毛穴歴10年以上女子の89%がリピートを確信!
@コスメでも5点以上の高評価を得ているソワン美容液を試すなら公式サイトがお得です。


公式サイト⇒http://soien.net/