ソワンで失敗しないために肌質にあった洗顔方法を選ぼう

MENU

ソワンで失敗しないためにも自分の肌質にあった洗顔方法を選ぼう

ソワンで毛穴の悩みを解消する、といっても「7つのNG」で言われているように間違ったスキンケアをしてしまうと毛穴トラブルの原因となり、ソワンの効果を十分に期待することが出来なくなってしまいます。

 

いくらソワンで毛穴ケアをしても日頃のスキンケアで毛穴トラブルを引き起こしてはプラスマイナス0、下手すればマイナスになる可能性もあるので要注意です。

 

中でも毛穴トラブルの大きな原因の一つに挙げられるのが間違った洗顔方法。

 

強くこすり過ぎてお肌に余計なダメージを与えてしまう、皮脂の取り過ぎで過剰分泌の悪循環に、などはその代表で良く知られる事例ではないでしょうか。

 

また、乾燥肌や脂性肌(オイリー肌)など肌質によって洗顔で気を付けたいことは変わってきます。
毛穴トラブルのない綺麗な肌になるために、大切なことは自分の肌に合った洗顔方法を行うことです。

 

ソワンでより効果を実感するためにも、毛穴トラブルの原因を減らす意味でも自分の肌質に合った洗顔を心掛けたいですね。

 

肌質は皮脂の分量と潤い具合で普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分けることができます。

 

まずは自分の肌質に合った洗顔方法が出来ているのか見直してみましょう。
洗顔のやり方を変えるだけで、お肌の状態はぐっとよくなるかもしれません。

 

普通肌・混合肌の洗顔方法

普段からニキビやカサつきなどの肌トラブルを感じることが少なく、洗顔後のお肌もある程度潤いが残るのが普通肌・混合肌の特徴です。

 

普通肌(混合肌)は安定している肌状態を変えないように、基本的に洗いすぎないことに気をつけましょう。

 

洗いすぎないといっても、ゴシゴシと直接手で擦らずに気を付けて、泡だてをしっかりした泡で優しく洗う事は肝心です。

 

特に脂の出やすいTゾーンは念入りに洗うようにしましょう。

 

脂性肌の洗顔方法

朝起きると肌がべたつき、テカリがある、などの脂性肌の洗顔方法は、朝晩しっかりと洗顔をするのが良いですよ。

 

ここで気をつけてほしいのが、皮脂が多いからと1日に何度も洗いすぎないことです。

 

洗いすぎは皮脂が過剰に分泌されて、ニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみなどの原因になってしまいますので1日2回程度の洗顔に留めておきましょう。

 

また、皮脂が多い人は夜の洗顔では、クレンジングの後に蒸しタオルを使うのがオススメです。

 

蒸しタオルで一度、顔の毛穴を開かせてから洗顔をすると毛穴に詰まった余分な汚れや皮脂を綺麗に落とすことができます。

 

特にお風呂で洗顔クレンジング後、蒸しタオルで毛穴を綺麗にすればソワン美容液の効果をより実感できるようになります。

 

乾燥肌・敏感肌の洗顔方法

乾燥肌・敏感肌の洗顔方法は洗顔時間を短くし、必要以上に皮脂を落とさないことが大切です。

 

皮脂の摂り過ぎは肌を乾燥させ、敏感肌を促進させてしまいます。

 

また、摩擦によって肌を乾燥させない為に、たっぷりの泡で撫でるように洗うようにしましょう。

 

敏感肌は乾燥肌が悪化している状態になります。

 

いつもの洗顔料やスキンケアが刺激に感じてしまう時は、朝はぬるま湯だけで洗顔するなどして刺激を減らすことを心がけましょう。

 

全ての肌に共通することですが、洗う水の温度は30度くらいで行うようにしましょう。

 

なぜかというと、熱すぎると必要以上に皮脂を落としてしまいます。反対に冷たすぎると毛穴が収縮して汚れが落ちなくなってしまうからです。

 

ただ洗顔後にソワンを塗る時は毛穴が閉じていた方が良いですから、ぬるま湯で洗顔した後は冷水でしっかりすすぐ事は大切です。

 

水の温度を見直すだけでも肌トラブルの軽減に繋がるかもしれません。

 

洗顔だけでは毛穴トラブルが改善しないとはいっても、より悪化させてしまうようなスキンケアは避けたいですからね。

 

自分のお肌に合った洗顔方法を取り入れる事は、ソワンの効果をより実感しやすくなる事にも繋がるはずです!

 

「毛穴の悩み」専用の美容液ソワン

イチゴ鼻、毛穴の黒ずみ、たるみなど毛穴トラブルのために専用美容液ソワン。

毛穴歴10年以上女子の89%がリピートを確信!
@コスメでも5点以上の高評価を得ているソワン美容液を試すなら公式サイトがお得です。


公式サイト⇒http://soien.net/